本文へスキップ

痩せない理由を知ることからダイエットは始まる

痩せない理由を知ることから始めましょう

ダイエットに失敗するのは当たり前のこと!?

体重計に乗り、体重を計っているところ

ダイエットをどうせやるんだったら、必ず成功させたいですよね。でも、せっかくダイエットを始めても成功する人よりも失敗する人のほうが多いのが現実です。

残念ながら、それは当然のことなのかもしれません。なぜならば、人間の身体と心は、痩せることには不向きなように(つまり、ダイエットに失敗しやすいように)なっているからです。

これからダイエットを始めようとしている人もダイエット中の人も、この「痩せない理由」を知っておいてください。


痩せない理由1 ヒトの飢餓の歴史

原始人のイラスト

人間の……生物=ヒトの歴史は飢餓との戦いの歴史でした。

生物=ヒトが地球上に登場して何十万年(猿人が登場してからなら何百万年)かになります。その間のほとんど(99%以上)の時間、ヒトは飢餓の恐怖に晒されてきました。

いつ食糧にありつけるかわからず、餓死の危険と常に隣り合わせの状態の中で私たちの祖先はずっと生きてきたのです。

そして、飢餓と常に戦い続けていたヒトは、必要以上にエネルギーを摂取できた時には、余ったエネルギーを脂肪に変えて体の中に溜めこんでおくというメカニズムを獲得しました。

このメカニズムを獲得したことによって、ヒトは、食糧が得られない時には体に溜めこんだ脂肪をエネルギー化することによって暫くの間は生命を維持することができるようになったのです。

飢餓対策として生物=ヒトが獲得したこのメカニズムが、飽食の時代の中では、肥満を生み出すメカニズムと化してしまったのです。

生物=ヒトにとっては常に飢餓と戦っているのが当たり前のことであって、肥満になるほど食べ物が溢れている状態は特異・異常なものなのです。

そして、飢餓の歴史の中で獲得した体のメカニズムが、飽食の時代の中では痩せられないメカニズムとして機能してしまっているというわけです。


痩せない理由2 痩せようとするのは本能に逆らうこと

食べたいけど我慢するメタボな女性

人間は自らの

・美味しいものが食べたい

・楽にしていたい

といった欲求に従って行動することは簡単にできます。しかし、その逆に欲求を押し殺して

・食べたいものを食べるのを控える

・疲れること、面倒なことをする

といった行動をするのは嫌いです。改めて言うまでもない当たり前のことではありますが。

そうなんです。痩せようとすることは、できるだけ快適に生きたいという人間の本能に逆らうことなんです。だからこそ太ることは簡単で、痩せることは難しいんです。

痩せない理由3 すぐに結果(成果)を欲しがってダイエットを始める

体重計に乗るネコノイラスト

ダイエットを始める時にほとんどの人は、早急に結果(もちろん体重が減ることです)を欲しがります。しかし、実はそのことがダイエットを失敗に導いてしまうのです。

このことについての詳細は、トップページの「脂肪燃焼なしにダイエットは成功しない ほとんどの人がダイエットに失敗する理由」をご覧ください。


痩せない理由をさらに増やしてしまう生活習慣

痩せない理由となる生活習慣1 睡眠不足

寝不足気味な女性のイラスト

十分な睡眠をとることが健康のためには不可欠だということは誰でも知っている常識ですね。しかし、残念ながら多くの現代人は十分な睡眠をとれてはいません。

そして、睡眠不足は、太る原因・痩せにくくなる原因ともなるのです。なぜならば、睡眠不足になると

・食欲を抑えるホルモン=レプチンの分泌が減る

・食欲を増進させるホルモン=グレリンの分泌が増える

代謝が下がり、エネルギー消費が減ってしまう

といったことが身体で起こります。食欲を抑えるホルモンが減り、食欲を増進させるホルモンが増えてしまうのですから、当然、睡眠不足の人は過食になりがちです。

その上、エネルギー消費が落ちてしまうわけですから、睡眠不足の人は必然的に太りやすく(痩せにくく)なるのです。

痩せない理由となる生活習慣2 よく噛まない

両手に持つピザとハンバーガーを食べるメタボな女性

よく噛まないで食べることには

・早食いになるので脳が満腹になったと認識する前に食べ過ぎてしまう

血糖値が急激に上がり、摂取エネルギーが体脂肪になりやすくなる

といった弊害があります。そして、その結果として太りやすく(痩せにくく)なります。


痩せない理由となる生活習慣3 偏った食生活

野菜サラダを食べているところ

炭水化物や甘いものを食べ過ぎて、野菜・海藻などをほとんど食べないといった偏った食生活をしている人が痩せらにくい(太りやすい)のは、まあ当たり前のことですよね。

ですが、野菜サラダばかり食べていて、ほとんど肉、魚、乳製品などを食べない人もまた実は痩せにくくなってしまうのです。

なぜならば、肉、魚、乳製品などを食べなければ、筋肉の元となるタンパク質や脂肪燃焼を促進する成分であるカルニチンが摂取できなくなってしまうからです。

ダイエットのためには、食事で摂取するカロリーを抑える必要はありますが、身体が必要とする栄養素はちゃんと摂取できるようにしなければいけません。


痩せない理由となる生活習慣4 姿勢が悪い

猫背でパソコンに向かう女性

パソコンに向かっている時間が長い人は、猫背になりがちです。そして、猫背の人は、姿勢がいい人と比べて脂肪が燃焼されにくくなっています。

脂肪燃焼で重要な働きをする褐色脂肪細胞は、首・肩周辺に集まっていますが、猫背の人は、この首・肩周辺の筋肉を強張らせがちです。

そして、筋肉の強張りは、褐色脂肪細胞の働きを悪くさせ、脂肪燃焼を不活発にしてしまうのです。

また、猫背などの姿勢の悪い人は、体の一部の筋肉や血管を圧迫しがちです。そして、筋肉や血管の圧迫は、代謝を低下させ、エネルギー消費を少なくさせます。


ダイエットを成功させるためには、まず……

     

痩せない理由をなくしていくことがダイエットを成功に導く

美しく引き締まったウエスト

以上のようにダイエットを失敗に導く「痩せない理由」がいくつかあります。

もちろん私たちには、生物=ヒトが飢餓の歴史の中で獲得した体のメカニズムを根本的に変えることはできません。

しかし

・ダイエットは長期的視野を持って行う

・睡眠時間を十分にとるように心掛ける

・食べる時にはよく噛むように気を付ける

・食事ではバランスよく栄養を摂る

・姿勢が悪くならないように注意する

といったことはできるはずです。ダイエットを成功に導くために「痩せない理由」を可能な範囲でなくしていってください。それが、ダイエットの第一歩になります。