本文へスキップ

体重と体脂肪を減らすためにしなければいけないこととは?

体重と体脂肪はどうすれば減り、どうすると増える?

ダイエットとは「体重を減らすこと」ではない!?

体脂肪たっぷりの女性のお腹

ダイエットという言葉の本来の意味は「健康や美容のために食事の制限をすること」です。

けっして「体重を減らすこと」や「痩せるために運動したり食事制限したりすること」ではありません。

とはいえ、「ダイエット」という言葉が「体重を減らすこと」や「痩せるために運動したり食事制限したりすること」といった意味で使われているのは間違いありません。

また、「ダイエット」について書かせていただいている当サイトを訪れてくださった方が関心を持っておられることも「いかにしたら体重を減らすことができるか」ということでしょう。

[トップページ]にも書かせていただいていますが、体重を減らし、なおかつリバウンドしないようにするためには、体脂肪を減らさなければいけません。

体重=体脂肪を1kg減らすためには

それでは、体脂肪を1kg減らすというのは、どういうことなのでしょうか?

ジョギング中の男性

脂肪1gを減らすためには、9kcalを消費しなければなりません。ただし、体脂肪には20%の水分が含まれていますので、実際には9kcalの80%の7.2kcalを消費すれば、1gの体脂肪を燃焼させることができます。

したがって、体重(体脂肪)を1kg減らすためには

「摂取カロリー」−「消費カロリー」の値を7200kcalにすればいいということになります。まあ……あくまで理論上ではということですが、それでも一応の目安にはなります。(この件についての詳細は、[ダイエット方法についての情報 嘘? 本当?]のページをご覧ください)

もしも、運動によって7200kcalを消費しようとしたら、これはなかなかたいへんです。

運動をした時の消費カロリーは、性別や年齢によっても違ってきますが30〜49歳の体重55kgの女性が1時間運動をした時の消費カロリーは下記のようになります。

●ジョギング(時速7km)348kcal

●ウォーキング 199kcal

●エアロビクス 249kcal

そして、この運動で7200kcalをどのくらいの時間を要するかを計算すると

ジョギング中の人の脚

●ジョギング 20時間41分

●ウォーキング 36時間11分

●エアロビクス 28時間55分

となってきます。もちろん一回でこれだけの運動をするのは無理です。

●毎日30分のジョギングを6週間続ける

●40分のウォーキングを週4回14週間続ける

●1時間のエアロビクスを週2回15週間続ける

体重が減ったことを喜ぶ女性

というように継続して運動を行っていくことによって、7200kcalを消費できるわけです。

これは、かなり大変ですよね。しかし、これは、あくまで運動だけで脂肪を減らそうと思った場合の話です。

運動だけではたいへんだが…

運動だけでカロリーを消費していくのは、ここまで書かせていただいたように容易なことではありません。

しかし、運動によって消費カロリーを増やすことと同時に摂取カロリーも調整していくこともできますよね。

ダイエットのためには、運動の習慣を身につけて消費カロリーを増やすことと同時に食事の内容や摂り方を見直し、摂取カロリーを調節していくことが必要です。

また、代謝をアップさせて効率よく消費カロリーを増やすことも、当サイトを隅々までを見て知識を得ていただければ可能になるはずです。

マイナス1kgの効果は侮れない

ペットボトル3本      

最後に体脂肪を1kg減らすことの効果について書かせていただくことにします。

前述した体脂肪1kgを燃焼させるための目安となる運動量を見て、「そんなに運動して、減るのはたった1kgか」と思った人も当然いると思います。

しかし、脂肪1kgというと、その体積は、500mlペットボトル約2.5本に相当するんです。つまり、体脂肪が1kg減るということは、500mlペットボトル2.5本分の体積の脂肪が体からなくなるということなのです。これは、けっこう凄いことですよね。

そうなんです! 体脂肪を1kg減らすことには、その苦労・努力に見合うだけの価値があるんです。