本文へスキップ

ダイエット中の食事についての注意点

ダイエッ中も食事の量を極端に減らさない

ダイエット中でご飯を見ながら我慢する男性

ダイエットの成果をすぐに出したい」「ダイエットをするからには体重をすぐにも減らしたい」といくら思っても極端に食事の量を減らしてしまうのはお薦めできません。

それまで一日の食事で2000kcal以上摂取していた人が、ダイエットを始めた途端に一気に一日の食事での摂取カロリーを1000kcalに落とすといった極端な食事の量の減らし方をすれば、確かに体重はすぐに減るでしょう。

しかし、その時、体重は減っても身体にとって余分な体脂肪以上に身体にとって必要な筋肉が減ってしまい、内臓の代謝も落ちてしまいます。

ですから、無理な食事制限に我慢できなくなり、食べる量を元に戻してしまえば、せっかく減った体重は、すぐに元に戻ってしまいます。そして、さらに元よりも体重は増えてしまうことでしょう。

ダイエットのためには食事の量を減らす必要がある場合も多いでしょうが、だからといって極端に食事の量を減らすことはお薦めできません。


ダイエット中の食事でもタンパク質は必ず摂取する

美味しそうな肉料理

食事を減らしてダイエットをしようとする人の中には、とにかく摂取カロリーを減らしさえすればいいと思い込み、肉や魚を食べるのをやめてしまう人がいます。

しかし、体についてしまった脂肪を燃焼させるためには、食事によってタンパク質を摂取することが必要になります。

仮に食事でタンパク質を摂取せずに体重を落とせたとしても、筋肉を減らし、内臓の代謝も減らして基礎代謝を落とし、燃費の悪い体を作り上げているだけです。

ダイエットに成功するためには食事による摂取カロリーを減らすことだけではなく、必要な栄養素を食事の際にいかに摂取していくかということも同時に考えなければいけません。


減らすなら夕食の量を少し

鍋料理を中心とした美味しそうな夕食

もしも食事の量を減らしてダイエットをするとしたら、夕食の量を少し減らすことをお勧めします。

「様々なダイエット方法1」のページにも書かせていただいていますが、朝食や昼食で摂取したエネルギーと比べ、夕食で摂取したエネルギーの方が身体に脂肪として蓄積されやすくなります。

ですから、食事の量を減らしてダイエットをするならば、断然夕食の量を減らすのがお薦めとなります。ただ、その減らし方が問題です。ここまでに書かせていただいているように減らせば減らすほどいいというような単純なものではありませんからね。

必要な栄養素が欠けないようバランスの良い内容の夕食を摂るようにした上で、無理のない範囲で摂取カロリーを減らすようにしましょう。


食べることで自分にストレスをかけすぎない

ドーナッツに×で甘いオヤツは禁止を表現

「ケーキやドーナッツやチョコレートなど太りやすそうなスイーツは一切食べない」「ラーメンや丼物が大好きでよく食べていたが、炭水化物を摂りすぎてしまうので絶対に食べない」などとダイエット開始時にダイエットの妨げになりそうな食べ物を完全にシャットアウトしようとする人も結構多いようです。

そう決心するのは、ダイエットに本気で取り組もうとしている証拠ではあるでしょう。しかし、あまりにも厳しすぎる食事面での制約をしようとするのは考え物です。

なぜならば、食事面で厳しすぎる制約をかけすぎた場合には、ストレスが高まり、早々にダイエットからリタイアしてしまうケースが非常に多いからです。

ダイエット中にケーキの誘惑と戦う女性

たしかにドーナッツ、ケーキ、チョコレート、ラーメン、丼物などは、ダイエット中はなるべく控えるようにはしたいです。

しかし、今まで10食べていたものをいきなり0にするというのは、自分にストレスをかけすぎてしまいます。

ですから、10食べていたものを3に減らすくらいのスタンスにしておいた方が、結果的にダイエットを成功に導ける可能性が高まるはずです。