本文へスキップ

停滞期を乗り越えダイエットに成功するための法則とは?

ダイエットに成功するのは容易ではない!?

ダイエットに成功するとは一時的に体重を減らすことではない

ダイエットしてるのに体重が減らない太った女性

一時的に体重を減らすことは、けっこう簡単にできます。どんなダイエット方法でもそれがよほど間違ったものでない限り、開始してしばらくの間は体重が減っていくものですからね。

しかし、ダイエット成功するのは、それほど容易なことではありません。一時的に体重を減らすことはできても、その先に強敵が待ち受けているからです。

ダイエット成功の強敵=停滞期

ダイエットを開始すると、最初のうちは順調に体重が減っていくことが多いです。しかし、ほとんどの場合、しばらくすると、それまで順調にいっていたのが嘘のように体重の減らない時期がやってきます。

「食事の量を増やしてしまった」「控えめにしていたスイーツをいっぱい食べてしまった」「それまでは続けていた運動をサボってしまった」などの自覚している明確な理由があれば、体重が減るのが止まっても戸惑いはないでしょう。

しかし、そのように自覚できる明確な理由が何もなく、順調に体重が減っていた時と同じように真面目にダイエットを続けていても一向に体重が減らなくなってしまうことがあるのです。

これは、人間の身体が持っているある性質のためです。したがって、このような時期=停滞期が訪れることは逃れようがないものだと言えます。しかし、ダイエットに成功するためには、この停滞期を乗り越えなければいけないのです。


ダイエット成功の障壁=停滞期が訪れるのは身体が持つ恒常性のため

ダイエットに停滞期があるのは必然!?

体重計に乗っている人

ダイエットに停滞期をもたらす人間の身体が持つ性質は恒常性(ホメオスタシス)です。これは、何かを一定の状態に保っていこうとする性質のことです。

この恒常性(ホメオスタシス)のため、ダイエット中に食事制限をしていると、ある時点で「最近、摂取されるカロリーが減っている。このままではカロリー不足で餓死してしまう」と身体が判断をしてしまいます。

そして、「このままでは餓死してしまう」と判断した身体は、代謝を極力抑え、脂肪を燃焼させまいとし、体重が減っていくのを阻止してくるのです。

停滞期にダイエットをやめれば、リバウンドはほぼ確実

ダイエットがうまくいかず頭を抱える太った女性

真面目にダイエットに取り組んでいても体重が一向に減らない、この停滞期にダイエットを諦め、やめてしまう人が多いです。

この停滞期にダイエットをやめた人たちは、身体が代謝を抑え、脂肪を燃焼させまいとしている状態のままで食事制限を解除したり、運動をやめてしまったりするわけですから、見る見るうちに体重が増えていってしまうことになります。

その結果、ダイエット開始前の体重に戻るだけなら、まだいい方で、多くの場合、ダイエット開始前よりも体重が増えてしまうのです。


停滞期は乗り越えられる!

身体の誤解が解ければ、停滞期は終わる

ジョギングをする女性

ダイエットを成功させるためには、なんとしても停滞期を乗り越えなければいけませんが、それは十分に可能です。

停滞期に突入し、体重が減らなくなっても、そのままダイエットを続けていると、「このままでは餓死してしまう」と判断していた人間の身体は、そのうちに「どうやら、これが普通の状態のようで、餓死する心配はなさそうだ」と判断を改めます。

そして、抑えられていた代謝が上がり、脂肪が燃焼されるようになり、再び体重が減り始めます。

ただ、停滞期は一度突破したら、それで終わりというわけではなく、ダイエット中には繰り返し訪れます。人間の身体に恒常性(ホメオスタシス)がある以上、これは避けて通ることはできません。

ダイエット中に順調期と停滞期は

順調期→停滞期→順調期→停滞期→順調期→停滞期→順調期

というふううに交互にやってきます。そして、停滞期の期間は少なくとも2週間、長ければ1ヶ月以上となります。


諦めず、無理せず停滞期を懲り超える

美しい姿の女性

前述しましたように停滞期にダイエットをやめてしまえば、リバウンドを招き、ダイエットは失敗に終わってしまいます。

また、停滞期にそれまで以上に摂取カロリーを減らそうとしたり、過度な運動をしようとしたりすることもお薦めできません。

ダイエットが停滞期に陥っているということは、恒常性(ホメオスタシス)が働き、身体が「このままでは餓死してしまう」と判断している状態になっているということです。

そこで身体にさらに負荷をかけても「どうやら、これが普通の状態のようで餓死する心配はなさそうだ」と判断を改めるのを遅らせてしまう危険性が大です。

停滞期に食事制限や運動の内容を見直すのはアリだと思いますが、極端に摂取カロリーを減らしたり、過度な運動をするなど身体への負荷をかけ過ぎてしまうことは、ダイエットに成功したかったら、やってはいけないことです。

ダイエットに成功したかったら、停滞期になっても諦めず、そして、無理もしないようにしなければいけません。