本文へスキップ

食べる順番ダイエットは本当に効果があるのか?

食べる順番ダイエットとは

ダイエットのためには食べる順番が重要

野菜を食べる女性

食事の際に食べる順番に気をつけていれば、同じものを同じ量食べた場合でも身体への脂肪のつき方が変わってきます。このことを活かしたダイエット方法が食べる順番ダイエットです。

では、食べる順番ダイエットでは、どんな順番で何を食べていけばいいのでしょうか?

@食物繊維・汁物

食事の際に食べる順番ダイエットでは、まず最初に食物繊維を豊富に含む野菜、海藻、キノコ類などを食べるようにします。

お腹の中に最初に食物繊維が入ることによって、後から食べる食べ物に含まれている糖質の吸収を抑えることができるようになるからです。

 器に入った豆腐

また、味噌汁などの汁物を一緒に摂ると、食物繊維がお腹の中で膨張し、満腹感を得られるようにもなります。

そうなれば、当然、食事全体の量を少なくすることができるようになり、食べ過ぎを防ぐことができるようになってきますね。

Aタンパク質

食べる順番ダイエットでは、繊維質・汁物を食べ終わったら 、次は豆腐、豆類、肉、魚などタンパク質を多く含む食品を食べるようにします。


美味しそうな肉料理

植物性タンパク質(豆腐・湯葉・豆類など)と動物性タンパク質(肉・魚など)では、植物性タンパク質から先に摂るようにしたいです。

B炭水化物

食べる順番ダイエットでは、ご飯、パンなどの炭水化物を食事の最後に食べるようにします。空腹状態で炭水化物を摂ってしまうと血糖値が急激に上がってしまい、脂肪を身体に蓄えやすくなってしまうからです。

しかし、食物繊維や汁物、タンパク質を摂った後で炭水化物を摂るようにすれば、血糖値の上がり方は緩やかになり、脂肪を身体に蓄えにくくなります。

美味しそうなご飯

また、最後に食べることによって、ダイエットのためには食べる量をなるべく少なくしたい炭水化物を食べ過ぎてしまうことも防げるようになります。

食べる順番でなぜダイエットができるの?

食べる順番ダイエットでは血糖値の上昇を緩やかにすることができますが、では、なぜそれで身体に脂肪をつきにくくできるのでしょうか?

それは、血糖値の上がり方が緩やかになるとインスリンというホルモンの分泌が少なくなるためです。インスリンは、糖分を脂肪に変える働きをしますので、たくさん分泌されれば、それだけ脂肪が蓄積されるようになるわけです。

なお、この食べる順番ダイエットと同じ内容のことを多くの医師が糖尿病患者に対して「食べる順番療法」として推奨しているようです。このことは、食べる順番ダイエットが有効である証拠とも捉えることができますね。

早食いは食べる順番ダイエットの大敵

ここまで書かせていただいたように食事の際の食べる順番は、とても大事です。だからこそ食べる順番ダイエットというダイエット方法が成立するわけですからね。

しかし、いくら推奨される順番どおりに食べたとしても、そのスピードが速すぎると、食べる順番ダイエットの効果はほとんどなくなってしまいます。

体重計に乗り頭を抱える女性            

順番どおりに食べたとしても、食べるのが速すぎれば、一緒に食べたのと同じことになってしまいますからね。

また、お腹が満腹状態になってから脳が「満腹になった」と感じるようになるまでには時間差があります。

そのため、食べるスピードが速すぎると脳が「満腹になった」と感じるまでの間に必要以上に食べ過ぎてしまうというデメリットもあります。

さらに……早食いの人は、食べ物をよく噛まずに飲みこんでしまうためにその分だけ胃に負担をかけることにもなってしまうんです。

食べる順番ダイエットを成功させるためだけではなく、健康のためにも早食いは絶対にやめるべきでしょう。